事業と理念

シルバー人材センターとは

 シルバー人材センターは、原則60歳以上の健康で働く意欲のある方々がそれぞれの知識や経験を生かして社会に役立ちたいと願い自主的に会員となってできた公益社団法人です。

 センターは官公庁等の公共団体や民間企業、一般家庭などから臨時的、短期的な仕事を引き受け、これを会員の希望に応じて提供いたします。

 センターは、営利目的としない公共的な団体で、その運営費は、国や県、市等から補助を受けています。

 人口の高齢化が進むなかで、就業は望めないが働く機会を得たい、何らかの収入を得たいという健康で働く意欲のある高齢者が増えています。

  シルバー人材センターは臨時的かつ短期的な就業を通じて、生きがいの充実や社会参加を希望する高年齢者の能力を生かした活力ある地域づくりに寄与することを目的とした、法律で指定された団体で、しかも公益法人です。

特色

  • 雇用関係や所得の保証はありません。
  • 高齢者が共助、共働し合うことによって、就業を通じて福祉の実現をはかり自主的に運営する団体であり営利を目的としません。
  • 仕事の相談、受注、契約から代金の徴収、支払いまでセンターが窓口になります。
  • 仕事中のケガや事故に対しては、センターが民間の損害保険(団体傷害保険、総合賠償責任保険)に加入しています。

シルバー人材センターの目指すものは

 シルバー人材センターはこれまでと全く異なった新たな発想・理念のもとに構想されたもので、原則60歳以上の働く意志と能力をもった高齢者が、雇用でない就業システムを通じて、高齢者に適した就業の促進と能力発揮による生きがいの実現をめざした新しい試みであり、次のような理念のもとに運営され、生き生きと胸を張って歩く明るい高齢者像を目標にかかげています。

  • 会員が「自主・自立、共働・共助」の精神に立って、積極的に働いている「働く自営業者の集団」です。
  • 働くことで地域の活性化にお役に立つ「生きがい集団」です。